ノアンデは他のデオドラントクリームと何が違うのか

ノアンデは他のデオドラントクリームと何が違うのか

ノアンデは他のデオドラントクリームと何が違うのか

 

ノアンデのほかにも今の時代デオドラントクリームというのは多くあります。
今回はそのほかのクリームとの違いをその効果に絞って紹介していきたいと思います。

 

何が特徴、メリットなのかよくわからないという人は必見。

 

対策してる技術が違う!

ノアンデはまず「ディーシールドテクノロジー」という技術を使って匂いなどの対策をしています。

 

 

この技術は汗の量と匂いの対策を同時できるようにしたものなんです。
ここがノアンデとほかの大きな違いになります。

 

まず汗の対策。
こちらはフェノールスルホン酸というもので対策しています。

 

これはたんぱく質と混ざり合って結合する特徴を持ってるんですが、この結合した状態が非常に重要。
これが汗の出る場所にふたをして量を制限するんです。
この効果によって汗の量が減ることはもちろん、汗のバランスが取れてしまうんです。

 

どういうことかというと、人が汗を出す汗腺というのは2種類あるということ。

 

 

このアポクリン線がにおいの、エクリン腺が汗の量の原因と思ってください。
どちらかではなく両方を減らすことで汗の量とともににおいの対策もしてるんですね。

 

匂いに関してもこの汗のバランスを整えるだけの対策だけじゃありません。

 

匂いの「発生」を抑える

汗からにおいがするメカニズムというのは、うえで話したアポクリン線の汗とその周辺にある菌が結合することによって起こります。
汗が発生した瞬間ににおいが立ち込めれるわけじゃないんですね。

 

ノアンデは先ほどの成分で汗の量を減らしましたが、さらににここでは菌の量を減少させました。

 

 

シメン5オールという成分で菌の増殖を抑えているんです。
菌が増えないということは汗と混ざり合って匂いになることもありません。
匂いの強さが劇的に抑えられるんですね!

 

この匂いの対策、汗の対策、それぞれ別に行うのが普通ですが上で説明した成分2つでできちゃうのが魅力です。

 

同時にするメリット

同時に行うことでまず手間が減らせます。
一つ一つ別のものを携帯しなくてもいいので塗る手間も持ち運ぶ手間も省けちゃうんですね。
ノアンデはその持続力もかなり長いのでそこも併せて大きなメリットです。
⇒ノアンデの持続力の詳細

 

2つ使わなくていいということはその分変な反応を起こす可能性もないということ。
違う商品を混ぜると成分によっては肌荒れなどの症状が起こることがあります。
そういった可能性が全くないのもうれしいところですよね。

 

なんとなくここまででノアンデとほかのクリームとの違いが分かったでしょうか。
公式サイトにはいろいろ詳しく情報も載ってるのでよかったら見てみてくださいね。

 

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ